Profile of xsjazz.com

プロフィール
Profile

堀越 昭宏 Akihiro Horikoshi


ピアノ/キーボード奏者、作・編曲家、サウンド・プロデューサー、トラックメーカー。

ジャズ・ピアノを滝本博之氏に師事。同時にマイルス・デイヴィス、ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、キース・ジャレットから多大な影響を受ける。

UKクラブ・シーンにおけるAcid Jazzムーブメントに呼応し、日本のR&Bサウンドを先導したバンド『エスカレーターズ』キーボーディストとして、1994年に日本コロムビアからデビュー。イギリスでのライブ/レコーディングを経験し、7枚のアルバム、8枚のシングル/マキシ・シングルをリリースした。

モーダルなソロ・プレイ、groovyなリズム・バッキング、色彩豊か、かつ"spiritual" なハーモナイゼーションを得意とし、ピアノやシンセサイザーなど各種のキーボードを操るが、特にRhodesエレクトリック・ピアノのスペシャリストとしての評価が高い。

福富幸宏、沢田穣治、ゴスペラーズ、星村麻衣、Jazzin’ Park、Maki Mannamiなどレコーディング/ライブ・サポート多数。”ブラック・ミュージックとしてのジャズ”をキーワードに、自己のネオ・ソウル/クロスオーバー/クラブ・ジャズ・ユニットであるXS、またisao osada (tp) club jazz session、Gen Hosokawa (tp) Jazz Quintet (GHQ)、横浜最大級のクラブ・イベント ”afrontier” などで幅広く活動中。

キーボード・マガジン(リットー・ミュージック)にたびたび寄稿し、また『ピアニストのためのJAZZコードBOOK』『ピアニストのためのスケール&ソロ・フレーズBOOK』『クラブ・ミュージックのための今すぐ使えるコード進行+ベース&メロディ』(同じくリットー・ミュージック)を執筆している。
日本工学院八王子専門学校、専門学校東京ビジュアルアーツで非常勤講師を務め、個人レッスンも行っている。


Pianist, Keyboardist, Composer, Arranger, Sound Producer, Track Maker.
His debut was as the keyboardist of "Escalators" (Nippon Columbia) in 1994. This band had the same concept as UK Acid Jazz (The Brand New Heavies etc.). In fact it had 2 live performances, 2 studio recordings in the UK.
Influenced from the music of Miles Davis, Herbie Hancock, Wayne Shorter and Keith Jarrett etc., he plays modal solo phrases, groovy comping and "spiritual" jazz harmony with various keyboards such as piano and synthesizers. Especially his performance with the Rhodes Electric Piano is evaluated pretty high.
He has supported many artists, in live and recordings, such as Yukihiro Fukutomi (House/Crossover), Jyoji Sawada (Brazilian/Movie Soundtrack), The Gospellers (J-POP/R&B), Mai Hoshimura (J-POP, sony records), Jazzin' Park (House/Crossover) etc. His "motto" is "Jazz as one of Black Music" (= jazz with groove), and the music of his unit "XS" may sound as Club Jazz, Crossover, Neo Soul, Brokenbeats etc. He also plays in "isao osada (tp) club jazz session", "Gen Hosokawa (tp) Jazz Quintet", Club Event "afrontier" (in Motion Blue Yokohama) etc. with both of acoustic piano and electric/electronic keyboards.




現在活動中のユニット

☆☆☆

XS, d-XS, XS-JAZZ

日本におけるR&Bサウンドを先導したAcid Jazzバンド、エスカレーターズの元キーボーディスト堀越昭宏が率い、「『極小 (Xtra Small)』編成にして『過剰な (excess)』までのサウンドを生み出す」というダブル・ミーニングによって命名された強力Neo Soul/ Nu Jazzユニット。サウンドはjazzyにしてgroovy。

XS
強靭なグルーヴ、色彩豊かなハーモニーそして自由なインプロヴィゼーション。ネオ・ソウル、ジャズ・ファンク、ブロークンビーツを独自の方法で昇華し発展させたサウンド。「極小」であるエレクトリック・ピアノ・トリオに、フランシス・マヤとYuraiをダブル・フィーチュアリング・ヴォーカリストとしたアルバム『Vimana : the Spaceship』を2010年秋にリリース。日本人によるグルーヴのネクスト・ステップとして国内外のDJ、ミュージシャン、高感度リスナーからの強い支持を得ている。

d-XS
ボーカルを含め、より即興の要素を徹底させたユニット (deconstructed-XS = 即興により「脱構築」されたXS) 。

XS-JAZZ
特にアコースティック編成で新感覚のジャズを演奏している。

参加ミュージシャン(順不同):
Keyboards: 堀越昭宏
Bass: 松田博之、棚橋俊之、清水玲
Drums: 今村慎太郎、吉岡大輔、村上広樹、柴田亮、佐々木章
Vocal: フランシス・マヤ、ユライ、Reddyo(レディヨ)etc.


XS初アルバム "Vimana: The Spaceship”の特設ページはこちら


XS初リリース曲『Vimana - Part I』を含むコンピレーションCD "afrontier" の詳細はこちら
>amazon


XSデモ音源、ライブ映像はこちら>YouTubemyspace



☆☆☆

Gen Hosokawa (tp) Jazz Quintet (GHQ)


トランペッター細川玄率いるクラブ・ジャズ・ユニット。スピード感に満ちたネオ・ハードバップといった趣きの楽曲が多く、ライブでの盛り上がりは他の追従を許さないほど。

参加CD:
"Routine Jazz Presents: Nouvelle Vague: 02" >HMV Online
"afrontier" >amazon


☆☆☆

isao osada club jazz session


クラブ・イベント afrontier(アフロンティア)などで随時結成される、トランペッターisao osada率いる大編成ユニット。編成はその都度変更されるが、ツイン・ドラム+2DJを擁した2006年代官山UNITでのライブでは超絶的なパワーを発揮し、観客のドギモを抜いた。afrontier自体に加え、このユニットの次回のライブにも大いに期待したい。

参加CD:
"afrontier" >amazon

以下、現在の活動詳細(ユニット/バンド情報含む)を更に書き足していく予定です。

KA8J0780e.jpg